ヘッダーイメージ 本文へジャンプ




防衛大学校艇友会会長の山崎剛美です

艇友会の第一の目的は、防大ボート部の発展に寄与することであります。
防大での4年間特にボート部での4年間は、我々に、強靭な心身、高邁・高潔な精神、礼節、友愛を育む機会を与えてくれました。ボート部の発展を支えることは、そのお返しだと考えています。ボート部も、顧問及び現役の努力と艇友会の支援もあり、大会に参加できる部員数を確保できるようになってきました。現役ボート部員は諸先輩の築かれた伝統に向かって努力しています。
皆で支援して行きたいと思います。


新部長に熊谷先生が就任されました
藤間先生御逝去の後、長らく不在状態が続いていました防衛大学校ボート部は機械工学教授熊谷先生をを新部長にお迎えしました
今後は熊谷先生のご指導ご鞭撻を得て、学生部員は活発な活動を展開してくれるものと大いに期待しています。
詳細は『学生の活動だより』に記載しています。


 
小原台における心身錬磨の青春は我々防衛大学校卒業生生涯の宝である。
 それにも増して我々ボート部員は走水まで海抜80mの坂道を毎日駆け下りて艇を漕いだ。雨の日も風の日も・・・時には「もう嫌だ!」と思う事もあったがボート部活動4年の風雪に耐え抜いた事で、鋼のような体に鍛えられ、鉄のような意志を持つ若者に育っていった。
 そして、気がつくとオアーズマン精神が身に付いて強さ・優しさ・礼儀正しさ・友愛など心豊かな人生を送るために欠かせない人として貴重な教養と自信を得る事が出来たのではないか・・・と思う。


















H28.03.27 改訂 防衛大学校ボート部OB会 艇友 (H20.4.8 掲載開始)